カリフォルニアってどんな州?治安や特徴を調査

今日も「アメリカ好きの、アメリカ好きによる、アメリカ好きの為の記事」を書いていきます。

以前、アメリカの横断+縦断ロードトリップを軽自動車で1か月かけて決行したんですが、
お金と時間があんまりない状態で行ったので、後悔しまくりの僕です。(笑)
その時の日記はこちら↓

【アメリカ縦断横断旅行記】当ブログの記事をまとめてみたよ

 

はぁー。

もっと時間やお金がある状態で行きたかったよー。

仕事やめて、ニート状態で行ったから時間はあったって言えばあったんだけど、貯金切り崩しだからあんま長くいれないよねー。

そこで!!!今度行く時は絶対にもっと時間がある状態で行きたいと思っているんですが、
全米をゆっくり回るのは年単位かかるので、いくつか州を絞ってそこに長めに滞在したいと思っています。

いくつか州を絞ればその州を満喫できます。
アメリカのいくつかの州は日本列島と同じ位の大きさがあったりするので一つの州を味わい尽くすのもアリかな。と思ってます。

経験者は語る。
よくばって何個も州行くより、2,3個に州をしぼって滞在すべき。

鼻水

欲張りすぎて後悔した

いやー、本当にそう思いました。
1か月で横断、縦断は結構急ぎ旅でしたね。

1か月なら3,4つくらいの州に絞って滞在すればよかったなーっていう感じです。
アメリカの西側なんかは魅力的な州が固まってるので。

今度アメリカ行く時は西側から旅行に行こうと思ってます。
西側で絶対に外せないのがカリフォルニア!!

 

カリフォルニアはもちろん前回行ったのですが、これも結構急いでてゆっくりできなかった^^;
次回行く時の為に、行っておきたい観光地や都市、飲食店、治安などをまとめておこうと思います。

これからカリフォルニアに旅程がある方は参考になると思います。

 

カリフォルニア州を一言でいうとどんな州?

なんでもありまっせ!!!


海、山、川、湖、エンターテイメント、アート、スポーツ、食、カルチャー、それぞれのジャンルで魅力的な物があり、アメリカでも有数の場所です。
アメリカ行くなら外せない州。それがカリフォルニアであります。

カリフォルニア州の治安は?

両手を広げてカリフォルニアの治安はいいよー!とは言えないです。
(日本国外って時点で、もう治安は良くはないんですが・・・。)

全米で見るともっと治安は悪い所はあるので、そういう意味では比較的安全な州に入りますが、地域や通りによるので、油断は禁物です。
1本裏路地に入っただけで、雰囲気が急に変わるのは結構あるので常にアンテナを張るのは自分の命を守る意味で大切です。

 

カリフォルニアで目立つ犯罪は自動車窃盗です。
おそらくレンタカーで移動することになると思いますが、違う州のナンバーだと旅行者だと悟って窓ガラスを割られて盗まれたりするので駐車する時には人目につく場所に駐車するようにしましょう。
有料駐車場に止めててもやられるときはやられます。保険をかけておくしかないでしょうね・・・。

カリフォルニアで観光すると言ったらサンフランシスコに行く方も多いと思います。
ゴールデンゲートブリッジ周辺に特に多いのでお気を付けください。

ゴールデンゲートブリッジの駐車場一覧!車上荒らしにだけは注意

 

また、刃物による強盗も多いので、怪しい雰囲気の所に行かないようにしましょう。
特にアジア人への偏見などが根深く残っており、脅迫、嫌がらせにも合う可能性があります。

怪しい雰囲気の判断基準は

  • ゴミが散乱してるかどうか?
  • ホームレスが多くないか?
  • 家の窓やドア等に鉄の格子がある
  • 落書きが多い、道路が汚すぎる

などが判断基準になってきますが、自分の直感が一番大事です。

 

でも直感うんぬんじゃなく最初から行かない方がいいエリアを羅列します。

絶対行くなエリア

  • サウス・ロサンゼルス(サウスセントラル地区)
  • イングルウッド
  • コンプトン
  • スキッド・ロウ(ダウンタウン)

    これらはカリフォルニア内でも犯罪が特に多いので、物凄く行きたい所がない限りは行かない方がいいでしょう。
    でもここらへんは、有名ヒップホップアーティストの出身地でもあります。
    ドクタードレーやケンドリックラマー、イージーEなどなど、、、

    ダメって分かっててもちょっと気になっちゃうよね、どうしても。
    行くとしても、昼間に行くようにしましょう。

     

    このエリアで気になる場所は、、、2か所。
    サウスロサンゼルスのロサンゼルス自然史博物館やイングルウッドに2021年に出来たyoutube theaterというイベント会場はイベントがある日なら行きたいですね!
    たまに結構有名な歌手等も来るようで、洋楽好きな自分としては、危険エリアですがちょっと見過ごせない様な気がしてきました。

     

    他に、有名なのがコンプトンのワッツタワーというオブジェ。
    写真を見ましたが特にそそられないのでいいかな。という感じ。

    ん~、そこまで見たい!って感じにはならないですかね。

    カリフォルニア州で外せない場所はココ!

    外せない場所を紹介する前に、観光地あるあるの注意点を。

    僕も実際にあった出来事なんですが、誰だか分からないCDを売りつけてこようとしたり、嘘っぽい募金を募ってたりします。
    結構大きな黒人にグイグイこられるんで、ビビらずに振り払いましょう。基本シカトでオッケーです。

     

    ハリウッド&ハイランドセンター(ハリウッドサイン)

    地図→googleマップ
    時間→7:00~23:00

    誰でも1度は見たことがある、これが見れる所。1回は見ておきたいものですよね。コレ。
    でも言っても「ただの字です。」ただ見るだけじゃつまらないので、ハリウッド&ハイランドセンターです。
    ここはショッピングモールで、このハリウッドサインを見れる展望台があります

    見た後でショッピングもできるし、駐車場も安いから一石二鳥。
    ショップの中には気になるお店がちょくちょくあります。
    ロサンゼルス・ドジャースのショップではキャップやユニフォーム、ナイキスニーカーショップ、ヴィクトリアズシークレット、等々あります。

    しかしハリウッドサインはちょっと遠くに見える感じなので、「もっと近くでしっかり見たい!」という方は
    グリフィス天文台もオススメです。

    あのターミネータのロケ地でもあります。
    ただし、時が経ってるので全く同じではなくなってしまっています。

     

    ラ・ホヤ・コーヴ

    カリフォルニアといえばやはり海は行っておきたい所。

    泳ぎたいのであれば有名どころはサンタモニカビーチやベニスビーチ。
    海沿いに色んなお店があって飽きないです。

    僕は前回ベニスビーチに行きましたが、海沿いを自転車が走ってたり、スケーターがいたりしてザ・カリフォルニアでした。
    海沿いにはなぜかジムがあり、筋肉モリモリの方達が筋トレしてます(笑)

    泳がなくても、景色が見れればいいというならラ・ホヤ・コーヴがおすすめ。(広くはないですが泳げる場所もあります)
    景色もさることながら海岸沿いに野生のアシカがたくさんいて感動します。

     

    この距離までいけちゃうのはさすがアメリカ( ゚д゚)
    ただしお店、カフェなどはサンタモニカビーチなどに比べると天と地ほどの差があります。ないと思っていた方が良さそうです。

    近くに魚介料理店などもあるのでぜひ行きたい所ですね。

     

    ビバリーヒルズ

    セレブが集う高級住宅地です。
    ルイヴィトンやブルガリなどの高級ブランド店、高級レストランが並んでいて散策するだけでも楽しいです。
    超がつくほどの高級車がたくさん行きかってるので、車好きの方も飽きないです。

    ランボルギーニ、ポルシェ、ベントレー、ロールスロイスがザラにいます・・・。
    前回行ってないからめちゃくちゃ行きたい。


    時期がよければハリウッドスターも見れたりしてね。

     

    フィッシャーマンズワーフ(ピア39)

    レストランやお土産屋さん、市場、ライブ、ショー、などなど色んなお店がある観光地です。名物のクラムチャウダーはぜひ食べておきたい所。
    ここにもアシカがいっぱいいるので見ることができます。

     

    駐車場は1時間10ドルくらいするので、そこは覚悟しておいた方がいいです。
    車上荒らしにも注意。

     

    ヨセミテ国立公園

    カリフォルニアにきたら、町だけではなく大自然も必ず行っておくべき!
    一番いくべき場所はヨセミテ国立公園。

    色んな絶景ポイントがありますが、正直な所日本とは規模が違うので、どこでも絵になります(笑)

    春が雪も解けて滝の水量が増えるのでベストシーズンになりますが、冬は冬で素晴らしい景色です。
    ただし一部エリアはチェーン規制が入ったり、いけない場所がでてきます。

    バックカントリースキーツアーなどもあるので時間を取ってやりたいですね^^

     

    デスバレー国立公園

    直訳は死の谷です・・・!逆に行きたくなるよね。
    アメリカの国立公園の中で一番暑くて最も乾燥した地域で、世界で観測史上最高気温の56.7度をたたき出してる、まさに死の谷です。

    バッドウォーターと呼ばれる塩度の高い湖があります。
    道は干上がった塩でできた道を歩くことになります。

    公園内には過酷な砂漠環境に適応した動植物がいます。(哺乳類:51、爬虫類:36、魚類:5、鳥類:346、植物:1042、等)
    こんな所で生きれるとビックリです。ぜひどんなやつなのか見てみたいです。

    まさに死の谷。

    カリフォルニア州で行くべきお店

    ここではカリフォルニアに行ったら行っておきたい飲食店を紹介します。
    行きたいお店がありすぎて困るので、やはり何泊かするのがいいでしょう!
    どこも魅力的なお店がいっぱいです。

    サンフランシスコ編

    Fog Harbor Fish House

    観光客向けではあるんですが、やはり外せないお店です。
    フィッシャーマンズワーフ内にあるので、行きにくい場所でもないのでフィッシャーマンズワーフに行くなら必ず行っておきましょう!

    トリップアドバイザー(世界最大の口コミサイト)や、yelp(食べログの世界バージョン)から「優秀なお店」と表彰されていますので、
    期待して大丈夫なお店ですd(´∀`*)

    価格帯はメイン料理で30$~60$程度となります

     

    サンフランシスコの海の幸・・・
    うまそうすぎです。
    食事しながら海も眺められるので、最高ですね!

     

     

    The Buena Vista

    アイリッシュコーヒーの名店です。1952年からやられている様で歴史があります。
    もしお酒が飲めるなら必ず行っておきたいお店の一つです。

    アイリッシュコーヒーはアイリッシュウイスキーを使ったホットカクテルドリンクで、
    そこそこ度数が強いです。なので行くならご飯を食べた後にサラっと行くくらいがちょうどいいかもしれません。

    カウンターはちょっとバーっぽい雰囲気もあり、オシャレです。
    マスターのカクテルの作りっぷりもカッコイイです。

    Cotogna

    カリフォルニアは海産物が豊富です。
    カキやカニを食べ過ぎて飽きたらここ!Cotognaというイタリア料理店。

    自家製パスタ、薪オーブンでグリルしたお肉、地元野菜を使用していたりと、魅力的なお店です。
    また、サンフランシスコの数あるレストランでベストレストラン50の一つとして認めらています。

    場所もそんなに遠くないので時間があれば行ってみたい所です。かなり本格的・・・!

    ロサンゼルス編

    Guelaguetza Restaurant

    カリフォルニアはメキシコと深い関わりがあるのでせっかくならメキシコ料理も食べておきたい所です。
    メキシコ料理ならGuelaguetza Restaurantが安く食べられて美味しいです。

    タコスやブリトーも本場の味!
    装飾、音楽までメキシコに拘っていますのでカリフォルニアでメキシコを感じられる一石二鳥のお店です。

    Cafe Gratitude

    ビーガン料理店であれば、Cafe Gratitude。

    オシャレな店内とビーガン料理で心も体もフレッシュになれます。
    看板や店内のアート作品が目を引きます。

    Einstein Bros. Bagels

    アメリカといったらベーグルも外せないですよね。
    そこでオススメのお店がEinstein Bros. Bagels

    チェーン店なのでどこの場所にも比較的あるのですが、カリフォルニアなら海沿いでも食べられるのが嬉しいポイントです!

    サンディエゴ編

    Phil’s BBQ
    ガッツリ飯を食べたいならPhil’s BBQ

    バンズからはみ出る肉、肉、肉!!!
    コッテリグレイビーソース!
    どでかい丸鶏。

    まさにアメリカって感じのお店です。空港内にもありますが、やはり路面店で食べたいですね。

     

    Hodad’s Downtown

    サンディエゴのハンバーガー屋さんといえばココ
    Hodad’s Downtownです。

    ビールの醸造も手掛けていて、お店のハンバーガーとも相性抜群。
    ビールはサンディエゴにあるペトコパーク球場でも買えます。

    オニオンリングの積み方がおかしい(笑)
    ハンバーガーはモチロン、シェイクも美味しそう!

    カリフォルニア州の特産品や有名な物

    カリフォルニアの特産品には以下3つが挙げられます。

    • ワイン
    • アーモンド
    • オレンジ

    飲食店に入ったらぜひ地元のワインを飲んでみるのがいいです。
    ワイナリーに足を運ぶのもオススメです。

    有名どころはナパバレーとソノマバレーのワイナリー。
    広大な土地のテラスで呑むワインは格別必至です。

    ナパバレーのワイナリー↓

     

    カリフォルニア州の洋楽アーティスト

    カリフォルニアには有名なアーティストがいっぱいいます。
    僕の好きなアーティストでは、

    • Linkin Park
    • The offspring
    • Kendrick Lamar
    • Green Day
    • Snoop Dogg

    等々・・・。好きなアーティストの出身地にいったりPVロケ地に寄ってみるのも楽しいですよ^^

    僕はブリトニースピアーズが好きで、せっかくなんでPV撮影地に行ってみました。

    9/10 britney spearsのPV撮影地アンテロープキャニオンとパウエル湖へ

     

    あと、音楽好きならハリウッドにあるこのレコード屋さんに行けば多分天国の様だと思います^^

    物凄い商品点数なので、自分の好きなジャンルだけでも相当な時間がかかります。
    お店に貼ってあるポスターとかもかっこいい!

     

    まとめ

    カリフォルニア州についてまとめました。

    治安はどこもそうですが、ダウンタウンは悪くなりがち。
    観光地でも少しずれた道に入ると雰囲気がガラっと変わるので、自分の嗅覚を研ぎ澄ませて安全か安全じゃないかを判断してください。
    ただ、上記で名前を挙げた地区は最初から行かない方が賢明です。

    では安全な旅行を願って、

    bye!!!!

     

    記事の内容が面白かったら共有ボタンを連打!