こんにちは 管理人のDすけです。

今日も「アメリカ好きの、アメリカ好きによる、アメリカ好きの為の記事」を書いていきます。

 

アメリカでレンタカーを借りて、いざ旅に出発!!

が、事故を起こしてしまった・・・。

これは誰にでも起こりえることです。

事故を起こさないように最大限注意するのですが、万が一起こしてしまった場合の対応を記事にします。

 

心配くん

訴えられる?ものすごい請求がくる?免許はどうなる?

 

色々分からない事が多いと思います。

備えあれば憂いなし。

ではさっそくいきましょう。

 

事故の種類

事故の種類や大きさによってやるべきことが変わってきます。人身事故なのか、物損事故なのか。

適切な対処をしましょう。

 

全体を通して心がけておくことがあります。

  1. 自分の過失を認めない事。謝らない事。
  2. 保険の保障内容を言わない事。
謝ったり、本当は相手が悪いのに多少自分に非があるような事を認めると全てこちらの責任に擦り付けられたりします。

訴訟大国みたいな一面がありますので相手が何を言ってきても全スルー、事務的に事を進めましょう。

保障内容等も相手に知られるとやっかいですのでこれも言わない。

 

さすがアメリカ、警察などは当てになりません。何もせずに帰って行ってしまうこともあります。

自分の身は自分で守りましょう。絶対にすべきこと

事故をしたら、起こされたら、相手の情報をメモしましょう。

メモする内容は、、、

  • 相手の名前
  • 住所
  • 電話番号(自宅、会社、携帯)
  • 車の所有者の名前
  • その所有者の住所、電話番号
  • 相手の車の車種、車体番号
  • 相手の保険会社名、保険番号
  • 目撃者の名前、電話番号

 

また、事故原因が相手が悪くても嘘の証言をしてくることがあります。

言い逃れできないように、自分の車の位置、当てられた箇所の写真、周りの標識など証拠になりそうなものは写真をかたっぱしから取っておきましょう。

 

救急車や警察の呼び方

街の警察署に電話します。

電話番号は411で電話局の番号案内につながります。

繋がると「”city?”」と質問されるのでcity名と、「近くのPolice Departmentの番号を教えて」といえば、すぐに教えてくれます。

 

救急車の呼び方

911に電話します。

日本と違って救急車を使って搬送されると数万円かかりますのでできれば呼ぶような状況にはなりたくないですね・・・。

 

ちなみにJapanese interpreter, Please!と伝えると日本語を話せる人と変わってくれたりします。

 

身の守り方

いくら自分が気を付けてても相手の過失で事故に巻き込まれたりします。

処理がものすごく面倒なので、できれば巻き込まれたくないし、巻き込まれても少しでも自分に有利にしておきたいものです。

警察にポリスレポートの申請をしたり、それを保険会社に提出したり、提出しても返答なしで、保険会社に連絡してもお金がおりず押し問答・・・( ゚Д゚)y─┛~~

これはあり得る話です。

 

物凄く面倒です。

なのでアメリカで運転する際はドライブレコーダーを買った方が確実と思いますので、360°録画のを買っておくのをオススメします。

メーカーにこだわらなければアマゾンなどで1万円台で買えますし、費用対効果はかなり高いと思います。

 

まとめ

前回、アメリカ旅行に行ったときにはドライブレコーダーなどは持って行かずに横断縦断しましたが、よくしたな~と思います。

今度行く際には自分を守るためにもドライブレコーダーは持っていこうと思います。

 

もちろん、海外保険も付けてね!

 

 

 

 

記事の内容が面白かったら共有ボタンを連打!