今日も「アメリカ好きの、アメリカ好きによる、アメリカ好きの為の記事」を書いていきます。   

アメリカ横断する事にしたけど、色々不安だな~。。。

何を不安がっている!車で大陸横断がしてみたかったんじゃないのか?!

だって、、、ガソリンの入れ方すらワカンネ・・・

人間は自分がした事のない事に恐怖を覚える生き物だからね。それが普通だよ。
でもすごく簡単だから何個かポイントだけ押さえればNo ploblemだよ。次項から解説するよ!

意外とカンタン!

アメリカでの給油方法

色々初めてで不安もあったけど、そんな中でもアメリカ横断できた僕の体験記をこっちで紹介してるよ!
単独アメリカ横断縦断旅行
日記の最後には学んだ事とか書いてるから為になることもあるよ!

アメリカでのガソリンの入れ方で覚えておく最低限の事+自分の身を守る

色々書くけど大事なポイントはココだけ。

  • 支払いは店内。(日本のクレカが給油機で基本読み込まれない)
  • 自分の給油機のナンバーの確認
  • 「 ナンバー〇、〇ダラープリーズ 」これだけ言えればok

この3つだけ覚えておけば正直90%終わったものだよ。
次で流れを説明するから自分で給油するイメージしてみよう。
けどその前に重要な事を少しだけ言わせてもらうよ!

※ガソリンや買い物ではクレジットカード払いにしましょう。

理由は何か犯罪に巻き込まれた時に多額の現金を持ってると一文無しになってしまうからできるだけクレカ払いがいい。という持論からです。

ですが、あえて数万円現金で常に持っておくのも大事です。

なぜならお金はこれしかないからこれ全部渡すから逃がして。と言えるからです。


その為にもガソリンやら何か物を買う時にはクレカ払いにしておいて、数万円は自分の身を守るように常に持っておくのがいいです。

という訳でガソリンの入れ方についてはクレカ払いを前提に話を進めていきます。


実際の給油の流れと手順

①給油機の隣に横付け。(給油機の上の方にナンバーが書いてあるので確認)

写真の様に給油機の本体か上の方に書いてあります。


②店内に行ってナンバー〇(写真の場合は6)、30ダラープリーズと伝える。

(超重要!店内に行くときは車の窓や鍵を絶対に閉めましょう!)

店員にクレカをそこに挿して。的な事を言われます。

クレジットカードをレジに置いてある読み込む機械に入れて、カードの暗証番号を入れればokです。



店によると思いますがクレカを一時的に預けるお店もあるので、少し不安な時もありますが、しっかり返してもらえるので大丈夫です。


③自分の給油機に戻って、ガソリンを入れます。

普通の車であればレギュラーを入れましょう。高級車やスポーツカーはプレミアムガソリンを入れましょう。

レギュラーがunleadedという表記になってる事があるから、覚えておくといいよ。


④店内に戻ってレシートを貰う。

満タンになってガソリンが余った場合はレシートを貰いに行きましょう。 差額がクレカに戻ります。

レシートがいらない場合も一応しっかり差額が戻ったか店員に確認した方がいいと思います。ジェスチャーや、中学単語でなんとかなります。



てっとり早いのはレシート貰えばレシートに書かれてるから毎回貰えばいいと思います。


ちなみに給油機でクレカ払いできるガソリンスタンドもごく稀にありますが、(僕の場合横断してて2回程)

せっかくアメリカきたんだし店員と少しでも話してアメリカを感じるのがいいと思います。


ここだけは気を付けないとヤバイ

何点か繰り返しになりますが、

  • 油種を間違えない事。通常はレギュラーかunleaded。
  • クレカ払いが自分の身を守る為にもオススメ
  • JCBカードは日本発のカードなので使えない事が多いからマスターカードやVISAなど複数持っていく。
  • 店内に行く際は車の窓や鍵を必ず閉める
  • 走ってる場所によっては何百キロもガソリンスタンドがないから早めの給油を心がける


給油方式はセルフサービス?

アメリカの場合はほぼセルフサービスです。

(オレゴン州の一部地域以外ではフルサービスが主流です)

フルサービスという日本の様にガソリンを入れてくれるスタンドもごく稀にあるみたいですが、ほぼセルフサービスなので上記のやり方で給油すればokです。


コンビニが併設されてる?

されてます。このコンビニでガソリン代を支払います。

飲み物とか軽食が売ってるので、ついでに買えるから長距離運転のアメリカでは便利だなーって思います。

日本みたいにガソリンスタンド寄って、コンビニも寄って。とかしなくていいですし、合理的!


覚えておくといい単語

  • レシート=receipt リスィートって発音すると通じます。
  • ガソリンスタンド= Gas station

レシートを日本の発音で言っても通じづらかったので、そこだけ注意です!

この2つだけで充分です。


ガソリンスタンドの営業時間は?

アメリカのガソリンスタンドは一部を除いて24hが基本ですので、安心です。

安心ですが夜中の道路が街灯がなさ過ぎて危険なのでそもそも夜にあまり運転しないと思うので、夜中にガソリンを入れることもないかもです。



大手のガソリン会社、(メーカー)は?

Esso textlogo.svg
エッソ
Shell logo.svg
シェル
Texaco logo.svg
テキサコ
76 Orange Logo.svg
76
ARCO.svg
アルコ
Citgo logo
シットゴー
Chevron Logo.svg
シェブロン


他にも色々ありますが、どこも給油方法や価格も似たようなもんです。

だからどこに行ってもいいんですが自分的にはアメリカ雑貨でよく見かけるテキサコや76が好みです(笑)

現在のガソリン価格は?


過去6年のガソリン価格の推移

過去からみると高くもなく安くもなくという感じですね・・・。

日本と比べるとさすがに激安ですが。

2019年9月現在の場合を計算。

(1ガロン=2.56ドル、1ドル=106.3円、1ガロン=3.78ℓ)

(2.56×106.3)÷3.78=71.99円

1リッター71円!

What the f**k!!!(# ゚Д゚)



ただし西海岸はアメリカで一番高く、1リッター90円台になります。

それでも日本と比べちゃうと安いけどね。。。

What the f**k!!!(# ゚Д゚)


まとめ

アメリカでガソリンを入れるという行為。最初は不安でしかありませんでしたけど、1回やってしまえばなんてことないです。

日本でも最近はコンビニが併設されてるガソリンスタンドで店内で支払うやつも数は少ないですがありますもんね。

全くやり方は一緒でした。

覚える言葉は

「 ナンバー〇、〇ダラープリーズ 」

レシート=receipt リスィート

この2つと意味を伝えようとするジェスチャーと笑顔です。

 

意外とそれが一番重要だったりするかも知れない。
英語の発音悪いしな!ъ(゚Д゚)
 

ではBye!!!!

記事の内容が面白かったら共有ボタンを連打!