アメリカのマクドナルド特集!本場のサイズは意外と普通。

今日もアメリカ好きのアメリカ好きな人の為のアメリカを感じる記事をかいていきます。

 

みなさんはアメリカのハンバーガーってどういうイメージありますか?

デカイ!!!安い!!!っていう

いかにも

な妄想とか先入観ないですか?ついでにいうと味が雑とかね(笑)

まぁ実際そういう紹介しているサイトとかみかけます。

 

 

で・す・が!

実際僕がアメリカ旅行に行ったらそんなことはありませんでした。

 

 

大きさ普通、高い!

(一部、量は少ないが安いのはある。)

少なくともマクドナルドなどのチェーン店では。

 

ここでは僕が

  1. 思ったこと
  2. 見たこと
  3. 経験したこと
  4. ハンバーガーの大きさ、値段など

を記事にしていきます。

 

ついでに、

英語中学2年レベルの僕がおせっかいにも英語の注文方法を紹介しちゃうよ!

「注文さえできれば問題ない!」「教科書的な英語覚えるのかったりぃ」って人には一読の価値が・・・

 

「(STAP細胞は)あります!!!」

 

・・・( ̄・ω・ ̄)

まぁ、分かりやすく対話形式で注文方法を簡単な英語で紹介してるので見てやってください。

 

さぁ行ってみましょう。

 

 

アメリカマクドナルドのメニュー

アメリカマクドナルド公式HPによると現在ハンバーガーメニューは、20種類あります。

それに対して日本は朝マック夜マック関係なしに合計すると47種類!もあります。

ビックリしました。日本マクドナルドの消費者に対する満足度への本気度が伺えました。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Peep THIS Out Reviewsさん(@peepthisoutreviews)がシェアした投稿

メニューは、メジャーどころでいくと

  • Bacon Smokehouse Burger
  • Double Bacon Smokehouse Burger
  • Big Mac
  • Quarter Pounder with Cheese
  • Double Quarter Pounder with Cheese
  • Triple Cheeseburger
  • Double Cheeseburger
  • McDouble
  • Bacon McDouble
  • Cheeseburger
  • Hamburger

などがあります。

「クォーター」とか「パウンダー」とかアメリカの単位が使われてるのがいかにもアメリカンな感じがして、アメリカにひたれますよね。

  • Quarter Pounder with Cheese

なんならこの文字のステッカー作って車に貼るだけでかっこよくなる気がする(笑)

 

ドリンクメニュー

ドリンクは8種類。で、飲み放題。

ちなみにこちらの記事にドリンクに関することを書いています。

アメリカのマクドナルドのドリンクが飲み放題!?その真意に迫る!

 

スプライト、コーラ、ミニッツメイド、ドクターペッパーなどです。

水はある所、ないところあったような。

でもなんかアメリカのあのサーバーからでてくる水って飲む気しなかったなー。不衛生そうな気がする

気がするだけです。

ちなみにドリンクの出てくる勢いがめちゃ強いですw

 

サイドメニュー

 

  • French fries
  • Yoplait  GO-GURT Low Fat Strawberry Yogurt
  • Fruit ‘N Yogurt Parfait

 

こんだけしかないです。

 

Low Fat(低脂肪)ヨーグルトがあったりフルーツヨーグルトがあったり健康にはシビアです。

スーパーマーケットにも色々な種類の牛乳があったりします。〇%低脂肪など。

そのおかげかどうか知りませんが、太ってる人と痩せてる人の差がすごく激しいように思いました。

 

ハンバーガー、ポテト、ドリンクのサイズ

ハンバーガーは基本的には日本と変わりません。ビックマックも別にビックではなく、日本と同じ大きさでした。

数種類だけ日本よりも一回り程度大きいハンバーガーもあるみたいですね。

ただ想像してるようなインパクトはないです。

 

ポテトのサイズは、日本のと「比較すると」少し多い程度です。

比較せずにニュートラルの状態で普通に食べると別に「デカッ!!!」とはならないし、マクドナルド常連じゃなければ特に気づかないと思うなぁ。

日本のポテトより気持ち多いくらいでしたかね。長さも太さも一緒です。

Mサイズで「お腹いっぱい・・・もぅ無理、、、許して、、、」とかならないので安心してください。

 

ドリンクの大きさはデカイです。

ドリンクだけは明らかにデカイ。Mサイズは日本のLサイズはあると思います。

飲み放題だし。

マクドナルドに長居する人にとっては嬉しいですね^^

 

 

ハンバーガーの値段

僕は高いなぁー。って印象が強いです。

セットメニューはどれも大体7,8ドル以上(900円)する感じ(#゚Д゚) プンスコ!

日本なら500円代がありますもんね。

ただし、1ドル、2ドル、3ドルメニューというのがあってそれは安いです。

決められたメニューの中から選ぶようになってます。

ただ、単品だからやっぱちょっと少ないかな、、、という印象。

お金節約の為に1ドルのチーズバーガーを2個頼んだ時があったのですが、それで腹6分目くらいでしょうか。

 

また、アメリカのマクドナルドは州とか場所によってハンバーガーの金額が多少違って、最大で90円程違います。

そのせいもあって高く感じたのかもしれません。

 

 

 

 

 

朝マックはいつでもあるよ

All Time Breakfastと称して朝マックがいつでも食べれます。

前はそんなことなかったんですが、いつでも食べれるようにしたら売り上げが大幅upしたので、このAll Time Breakfastが定着しています。

ちなみに僕はあのバンズ嫌いです。

という訳で、朝マックが好きな人は常に食べれるから嬉しいですね!

 

オートミール初めて食べたけどマズかったなぁ。

これでほぼ13ドル。(1470円)クソ高ぇw

 

 

アメリカでの注文方法

先に言っておきますが、自分は中学レベルの英語力です。

(わざわざ単語覚えたり、例文を覚えるのが大変な人には参考になると思います。)

極端に言えば数字を英語で言えればなんとかなります。

例えばナンバー スリー プリーズ。です。

日本でもそうですがメニューは店員さんの上後ろにメニューが書いてありますよね?

あのメニューに数字が書いてあるから、その数字を言えばいいです。(サイドメニューなどは数字がなかったと思ったのでそれは英語で言うしかないですね。)

 

店員さんが聞いてくることは

  1. ご注文は何にしますか?
  2. セットか単品か?
  3. セットのサイズ
  4. 持ち帰りか店内で食べるか?
  5. 出来上がって呼ばれる

 

1個づつみていましょう♪

 

ご注文は何にしますか?

これはなんと言ってくるかは店員によりますし、自分にもよりますよね。

What can I get for you?とか、

How can I help you?とか

まぁ色々違う文章で言ってきます。

一番最初は何か言ってきたら100%ご注文は何にしますか?とかそれに近い意味なので、自分の頼みたい番号を言いましょう。

 

僕の場合は、相手より先にHi!って言って、No.〇 Pleaseと言ってました。

(何言ってるかわからないから先手必勝です)

 

 

 

マックの店員
What can I get for you?(注文どうするー?) 
英語中2レベル
No,3 Please.

 

 

セットか単品か?

セットはmeal(ミール)とかcombo(コンボ)という単語で表します。セットと言っても通じません。

お店によって違います。メニューの近くに書いてあります。

まぁmealってかいてあってcomboって注文しても通じます。

店員がなんて質問してるか聞き取れないですが、先に自分が言ってしまうか、セットか単品か聞いてくるだけなんで、先に言ってしまいましょう♪

 

 

英語中2レベル
Number 3 with meal (ナンバー3のハンバーガーをセットで。)

 

この言い方が正しいですが、mealとか使わなくても、ポテト、ドリンク ミディアムで通じてました。

 

 

単品の場合は、No.〇just sandwich, please

でokです。なぜかサンドウィッチなんです。

この表現を知らなかった僕は、オンリーNo,〇please.オンリーね!で通じてました。

 

セットのサイズ

続いて、セットのサイズを指定しましょう。

セットのサイズとはポテトとドリンクカップのサイズです。

small、medium、Largeで言いましょう。

自分の発音が悪かったせいなのか分かりませんが、M sizeって指定したら聞き返されたのでmediumと言い直しました。サイズを頭文字で言うのは一般的ではないのかも?しれません。

 

英語中2レベル
medium,please.

 

 

テイクアウト?店内で食べる?

For here or to go?って大体聞かれます。

For hereが店内で食べる

to goが持ち帰りです。

特に店員に何も聞かれず、自分もボーッとしてたら大体持ち帰りになります。(自分がそうでしたw)

 

英語中2レベル
to go.(持ち帰りします)

 

 

出来上がってよばれる

呼ばれる時はマクドナルドの場合は注文後渡された紙にナンバーが書いてあるので、それが呼ばれたら取りに行きます。

マクドナルド以外では店内で食べるかテイクアウトするか聞かれた後に名前を聞かれる場合があります。

その場合は名前で呼ばれます。

日本の名前は高確率で聞き返されるか、違った名前で呼ばれます。

自分は「だいすけ」ですが、「だすけー」って呼んでました。

 

 

チップはいらない

こういう自分が料理を取りに行くスタイルのお店は、チップはいりませんのであげなくていいです。

ですが、食べ放題のお店で自分で料理を取りに行くけど、お水とかを注いでくれるタイプのお店だとチップは置いていった方がいいですね。

 

 

まとめ

どうでしたか?先入観ってのは怖いですね。

アメリカのマクドナルドは意外に普通でした。

アメリカのオリジナルのハンバーガーは大きいとはいえ、極端にはデカくないみたいです。

注文に関しては、なんとなく注文できるもんです。1回経験すると全然余裕なんで、ぜひ行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

ではBye!!!!

 

 

 

記事の内容が面白かったら共有ボタンを連打!