アメリカでコンセントは入らないのか?!

今日も「アメリカ好きの、アメリカ好きによる、アメリカ好きの為の記事」を書いていきます。

 

海外旅行ってワクワクして楽しいですよねー。

ただし海外旅行にトラブルはつきものです。そんな時心強いのがスマホ。

スマホがあればどんなトラブルでも大概は何とかなります。

スマホの充電が切れたら気が気じゃないですよね・・・?

日本から持って行った家電が壊れたり、使えなかったり・・・。

海外にはコンセントやプラグの形状、電圧が違うことがあるので予習しておくことによってトラブルを事前に回避して楽しい旅行にしましょう!

ここではアメリカのコンセント事情にしぼって解説していきますね。

 

 

アメリカと日本のコンセント形状の違い。変換プラグは必要なのか?

アメリカと日本のコンセントの形状は少し違います。

undefined

(稀に)3本目の3又のタイプになってます。

ただし、安心してください。日本の2又のタイプも普通に差せて使えます。

 

 

 

 

日本の家電製品持ってきて普通に使えるって事!

 
 

三又への変換プラグなんかも必要ないって事だね。

 

日本とでは電圧に違いがある。変圧器は必要なのか?

アメリカは120V

日本は100V

少し違うので家電によっては発熱を起こしたり最悪は故障してしまいます。

日本から家電を持ってくるときは120Vに対応しているのが無難ですね。

 

 

 

日本から旅行で持ってくる家電でメジャーなのがドライヤーとか充電器ですかね。

ドライヤーは熱を発する家電なので電圧が違うと故障の確立があがります。

アマゾンで海外対応ドライヤーは2000円とかで買えます。

 

こだわりがあって、

「家で使っているドライヤーをどうしても使いたい!」

という方は電圧が100vでしたら変圧器を買うのがベターです。

 

 

 

変圧器は4000円くらいするし2kg位あるから相当こだわりがない限りは海外対応のドライヤー買ったほうがいいわ。

 
 

ドライヤーなどのワット数が高い家電に対応してる変圧器は重くなる傾向があるんだね。

 

 

充電器や小型家電(デジカメなどのバッテリー)、電気シェーバーなどは変圧器を用意する必要はほとんどの場合ないです。

実際、僕はアメリカ旅行へ行ったと時に変圧器持ってってないですが困ることはありませんでした。

心配な方は小型家電用の変圧器でしたら重くないしかさばらないので持っていくのもアリだと思います。4000円で安心を買えるなら安いと思えるなら買えばいいし、高いと思うなら持っていかなくても全然いいと思います。

 

iphoneの充電は?

iphoneがあればアメリカで困ることはないと断言できるくらい僕はアメリカ旅行の際、iphoneにしててよかったと思ってますが、そのiphoneが充電できなかったら焦ります・・・。

大丈夫です。iphoneは普通に充電できます。

変圧器も変換プラグも必要ないです。

 

iphoneだけでもなんとかなりますが、少しでもアメリカ旅行での不安をなくしたい方はこちらにも記事があります。

↓↓↓

アメリカ旅行知識

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

基本的には旅行で持っていく可能性が高い家電はアメリカで普通に使える物が大半です。

使えない物として旅行では普通持って行かない物で例えば、

  • テレビ
  • ラジカセ
  • ポット
  • 炊飯器
  • トースター
  • 電子レンジ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫

などですね。

ドライヤーだけは120v対応できる製品を持っていくか、アメリカ国内で買ってしまうかですね。

 

ではBye!!!!

 

 

 

記事の内容が面白かったら共有ボタンを連打!