テントのおすすめをPICK UP

今日もアメリカ好きのアメリカ好きな人の為のアメリカを感じる記事をかいていきます。

 

以前からゴールデンウィーク中などの春にアメリカを感じる手段としてキャンプをおすすめしているわけですが、

こちらの記事

 

宿泊をするキャンプに重要なテントの種類とそれぞれの特徴を説明していきたいと思います。

 

テントには4種類ほどあります。

1、ドームテント

テントといって思い浮かぶ形がこれじゃないでしょうか?

一番スタンダードなやつです。

軽量で設営や撤収が簡単、なおかつ居住性も十分なので初心者にオススメできる人気のモデル。

4人家族(大人2人、子供2人)ならこのサイズで十分です。

 

2、ツールームテント

ベットルームとリビングの2つに分かれた構造になっています。

広い前室と高い天井のため快適です。居住性、耐久性◎

が、大きい分やはり設営と撤収に時間はかかり気味です。

ここまで広いのでタープはいりません。

 

ちなみに景色やアクティビティが主でキャンプに来ている場合、あまり活躍はしないかもしれません。

結局はタープの方が気持ちよかったりするので。

グループで固まって盛り上がりたい!

プライバシーを大事にしたい!

って方向けなようです。

 

あと雨降ったら干すの大変そう(´・ω・`)

 

ホームセンターバロー浜松浜北店のアウトドアワールドでは 本日ランドロックを再度設営しました⛺✨✨ 内装は落ち着いたグランピングを意識しております🎶🎶 (灯りを灯せれたらもうすこし雰囲気出たと思うんですが…😓) 設営方法知りたいという方にはアウトドア担当の従業員がお応えいたします☝✨ 是非お立ち寄りくださいませ🤗 #valor #バロー#ホームセンター#ホームセンターバロー#ホームセンターバロー浜松浜北店#浜松#浜北#アウトドア#アウトドアギア#アウトドア用品#キャンプ#テント#ツールームテント#スノーピーク#ランドロック#グランピング#テント設営#冬キャンプ#キャンプ用品

ホームセンターバロー 浜松浜北店さん(@hcvalor_hamakita)がシェアした投稿 –

 

ソロテント

超軽量、コンパクトで登山やツーリングキャンプにもってこい。

前室には一応簡単に物を置くスペースはある。

シンプルでかっこいいですね。

 

凝らないキャンプがすき シンプルキャンプ #ソロテント #ノースフェイス

しまっちさん(@shimatch10424)がシェアした投稿 –

 

モノポールテント

フレームがなく、1本のポールだけで居住空間を作れます。

携行性もよく、組み立ても簡単ですが、ペグ打ち必須なので変な地面だとテントたてれません^^;

普通のキャンプ場なら問題ないです。

あとは見た目がおしゃれ。女子力高いです

 

細かく上げると他にもテントの形は色々あるんですが、大まかにいうと大体こんな感じです。

 

で、オススメテントなんですが、

キャンプに行く人数、予算、キャンプのスタイル、持ち運び簡単?快適性重視か、居住性重視か、設営が簡単か、天候はどうか?季節はどうか?人とテントの種類かぶりたくないetc,,,

 

このようにひとそれぞれ条件が違うので、星の数ほどあるテントからこれがいいです!とかテキトーなことは言えないのです。。。

全部クリアするテントあればいいですがないです(笑)

amazonなどで検索すれば海外メーカーの(多分中国とか)安いのが結構ありますが、買っても後々こだわりたくなってメジャーなメーカーを買うってパターンになると思います。(キャンプっておしゃれ要素が多かれ少なかれあると思うので)

でも、悪い物を経験するからこそいい物がわかるって考え方もあるので、どうするかは読者さん次第です。

 

一応、テントで(おすすめ)メジャーなメーカーをあげておきます。

Snow Peak→アメニティドームシリーズが有名。なので人と被ります。でもいいテントです。

Coleman→made in USA このメーカーにしとけばとりあえず大きな不満はない。

mont-bell→スノーピークと価格帯が似てる。ライバル?

アライテント

・Logos→個人的にナバホTepee400がちょっと欲しい。モノポールテントの。

小川キャンパル→made in japan バカ高い

Quechua→そこまで高くはない

MSR→かっこいい。そして高い

ドッペルギャンガー→安い

 

ではここらへんで。

Bye!!!!

 

記事の内容が面白かったら共有ボタンを連打!