オピネルの分解でお金をかけない方法!ピン抜きが大変!

今日もアメリカ好きのアメリカ好きな人の為のアメリカを感じる記事をかいていきます。

 

オピネルの分解をしたので、分解方法を写真で解説していきます。

結論から言うとかなり苦戦しました。ものすごく固い・・・。

しっかり道具を揃えれば比較的簡単に分解できますが、通常そんなに頻繁に分解することはないと思うので、

誰でも家にありそうな道具での分解を紹介します。

というのも、、、1度だけの分解だけの為に専用の道具とかにお金は出したくなくないですか?

 

ところで、この記事みて分解しようとするってことは油漬けしようとしてたりします?

その前にこっちの記事みてから油漬けするかどうか決めた方がいいかも・・・。

↓↓↓

オピネルの油漬けは必要?いいえ、全く不要でした。

 

それでも分解する!!!って方はどんどん下いきましょう♪

 

 

ちなみに僕がオピネルナイフを分解したのは

正直、最初の動機はなんとくなくです(笑)

後日、ブレード刃の出し入れをしやすくする為にブレードとハンドルの隙間を少しヤスリで削ったので、

結果的には意味のある分解でしたが。

 

こういう道具とかツールみたいなのって1度分解したくなってしまう性なんですよね。

(中型バイクを分解して元に戻せなくなった経歴アリ)

 

 

分解したらついでに削った方が使いやすいです。最初の状態だと刃を出すのに結構固いので!

 

 

誰でも家にありそうな道具での分解

そんな頻繁に分解しないのであれば分解だけの為に特殊な道具とかにお金は出したくないのが普通ですよね。

大丈夫です。なんとか家にあるものだけで分解は一応できます。ちょっと大変ですが。

 

使う道具

 

  • ラジペン
  • プライヤー
  • トンカチ
  • ポンチ(なければマイナスドライバー)

ポンチがあるとだいぶピン抜きの難易度は下がりますが、なかなか家にはないですよね^^;

分解の手順

安全ロックをペンチでこじ開けます。この時点で結構硬くて苦労します。

この方法で何度も外すと安全ロックがゆがんだり曲がったりして良くないので、あまりオススメはされていません。

ですが何度も外すわけでなければ問題ないです。(もちろん自己責任でお願いします。)

何度も外したり、安全に外したいのであれば記事後半で紹介する専用の道具で分解する章をご覧ください。

 

 

 

安全ロックが外れたら、ブレードと本体を繋いでいるピンをポンチ(なければマイナスドライバーで)で叩いて頭をだします。
頭が下に出てこれるようにスキマあけるなり、タオル敷くなりしてくださいね。

 

ポンチがあればもう少し簡単でしょうが、マイナスドライバーだと難しいです。

滑らして自分の指とかにドライバーの先で刺さらないように気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

出てきたピンの頭をプライヤーでガッチリ挟んで過去最高の力で引っこ抜きます!!

多分女性では無理ですコレ。

 

 

 

物凄い硬かったです。なんでかというと、、、
ピン先の太さが微妙に太くなっていて抜けずらくしてあります。
なのでマイナスドライバーでピン頭を叩き出すのも結構頭が出にくいです。

 

 

写真だとわかりづらいですが、先が太くなっています。↓↓↓

 

 

 

カバーを外す動画を短い時間でとってみました。(1分程度)参考になると思います。

動画で最初にやってるロックをかけたまま開けてカバーを外すやり方は、素手でやらない方がいいです。

滑って手を切る危険性大です。やってる時に思いました。

「こりゃ素手で無理やりやってたら切るな。」と。

だからといって、防刃グローブをこの為だけに買うとかもったないので、

途中からラジペンでこじ開けるやり方に変更しました。

(防刃手袋あればなんとかカバーをこじ開けれると思います。動画では映ってないですが素手で外れそうになったので。)

他の方の動画をみるとラジペンで結構簡単に外せれてるのですが、何回も外してるから緩くなってるだけなんじゃないかと思います。。。外すの結構硬いですよ。

 

 

 

ちなみに防刃グローブってこれです。↓↓↓まともなやつだと1000円超えますからね、もったない。

 

 

今後何度も安全ロックを外す方や、安全に分解したい方

今後頻繁に分解をする方は、道具を揃えてしまった方が安全だし、楽なので揃えてしまいましょう。
  • ピンポンチ
  • スナップリングプライヤー

これらがあると便利ですね。

 


このプライヤーは通常のプライヤーとは逆で握ると先が開くようになっているので、オピネルの安全ロックも簡単に外せます。


マイナスドライバーやネジなどで代用するよりピンは抜きやすいです。

 まとめ

 カバー外すのは頻繁に外さない方がいいと思われます。
実際に外してみて、カバーへの負担が大きそうに思いました。
ピン先の太さが太くなっていて、あえて抜けにくくしてるということは「基本ピンは抜くな。分解するな。」ということでしょう。
オピネル社も何度も外されることを想定して作っていないと思います。
とにかく、分解する際は手を切ってしまうことに注意して気を付けて作業してくださいね!
他のキャンプ記事に関してはこちらにまとめてあります。↓↓↓

ではBye!!!
記事の内容が面白かったら共有ボタンを連打!