アメリカでのサッカー人気の現状と予想

どーも、Dすけです。
今日も「アメリカ好きの、アメリカ好きによる、アメリカ好きの為の記事」を書いていきます。

 

先日FIFAワールドカップがありましたねー、日本でもかなり盛り上がった様で。

僕は全然スポーツ観戦に興味がないのですが、そんな僕でも異常な熱気ぶりのニュース等、街中の様子を見て
「あぁ、日本で一番盛り上がるスポーツってサッカーなんだなぁ」と思いました。

本当かどうか少し、調べました。

日本サッカー協会への登録者は約91.9万人で、日本国内の競技人口は推定436万人。
一方、野球が65万人で、日本国内の競技人口は推定384万人

出典:三菱信託銀行

数字から見てもサッカーは日本国内では圧倒的な人気を誇るスポーツの様ですね。

じゃあ!じゃあ!アメリカではサッカー人気はどうなの?!という疑問が生まれます(アメリカ好きな筆者なので)
みなさんご存じの通り、アメリカと言えば断トツでアメフトが人気ですが、アメリカでサッカーの事はあまり耳に挟まなくないですか?

アメリカでのサッカー人気はどうなのでしょうか?

サッカーや、スポーツ観戦自体、僕はそこまで好きではないのですが、
アメリカに関する事は大好きなので、自分の経験も踏まえつつ、米国サイト、統計等を参考にして記事にします。

 

※サッカー観戦を普段することのない筆者がアメリカ好きという観点だけで掘り進めた記事です。
サッカーマニアからするとそれは少し違くね?というものもあるかもしれません。エンタメとしてご覧下さい。
もちろん、精査して記事を書くように努めています。

アメリカでのサッカー人気は上昇中?

結論から申し上げると、人気はかなり上昇中です!!

今年初め、ワシントン・ポストの世論調査で、
アメリカ人の 8% が​​サッカーを観戦するのが好きなスポーツだと答えています。

小さな数字に見えるかもしれませんが、今までの数字を考えると非常に大きな成長です。
この数字ほど人気が​​向上したスポーツは他にありません。

過去の世論調査では2%を超えることがなかったので、ここ数年でアメリカでのサッカー人気が急上昇といった具合です。

このグラフを見るとサッカー人気がバスケットボールや野球にも届き始めているという事実!

直近だと上から順に

  1. アメフトが37%
  2. バスケが11%
  3. 野球が9%
  4. サッカーが7%

この順番で人気です。

圧倒的にバスケの方がサッカーより人気でしょ!と先入観で思っていましたが、全然そんなことはない、

サッカーはバスケと同じ位人気あります。

鼻水

アメリカといえば、NFL、NLB、NBA、NHL!!って感じでもなくなってきているね。

 

なぜ人気が急上昇中なのか?

サッカーは 30 歳未満の成人の間で最も人気があります。
実際、18 歳から 29 歳の成人では、「野球よりも、サッカーを観戦する方が好き」と答えています。

過去30年間のスポーツをする高校生の数の傾向を調べると、サッカーは上昇傾向です。
他のスポーツと比べるとサッカーの上昇具合がすごいです。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。→https://www.nfhs.org/sports-resource-content/high-school-participation-survey-archive/

若者に人気の理由としては、

  • 危険がなく、
  • 平等で(レベルに関係なく誰でもできる)
  • 安く始められる。
  • ボールとネット以外に特別な道具が必要ない
  • そしてルールもシンプルで分かりやすい。

サッカーは他のスポーツに比べて危険性が少ない為、サッカーを始めさせる保護者も多いようです。

ということは、、、
米国の人口が増え続けているので、サッカー人気がアメリカの伝統的なスポーツを追い越し始めて、サッカーといえばアメリカ!になる日もそう遠くないかも知れません。

 

重要なのでもう1度いいます。

「サッカーといえばアメリカ!」という日もそう遠くないかもしれません。

実際、wikipediaにも下記の記載があります。

アメリカンフットボールバスケットボール野球に次いで全米で4番目に人気のあるスポーツである。若年層や中年層の間では既に野球を超えており、近い将来に3番目の人気スポーツになることが予測されている。近年ではアイスホッケーをリードしていることから、サッカーを4大スポーツの一つにするという意見が主流になりつつある

 

鼻水

スポーツ観戦そこまで好きじゃないけど、サッカーがアメリカでメジャースポーツになったら観戦するかも。

 

アメリカはサッカーは弱いのか?

そんなことない、強い国に入ります。(個人的見解も含まれます)

FWではプレミアリーグ所属のクリスチャン・プリシッチやジョシュ・サージェントがいます。
(プレミアリーグ=世界中で約10億人以上に視聴され、全世界で最も人気が高いリーグで世界最高峰のリーグの一つ。視聴者数10億人以上。ちなみにJリーグは1520万人)

サッカーで攻守の要と言われるボランチ=MFにもプレミアリーグ所属の選手が複数います。

アメリカ代表選手たちは普段はサッカーが強いヨーロッパを主戦場としています。
国籍がいくつかもっている選手が結構いて(移民大国アメリカなので)、いくつかある選択肢の中から「アメリカ代表」を選んでいるという背景があります。

普段サッカー大国のヨーロッパで活動してるのですから、ここのポテンシャルは相当なものだと思います。

 

少し知恵袋での回答を紹介。

人物アイコン

アメリカは強い。 世界ランキング14位ぐらい。 テクニックがあるわけではないけど 組織とフィジカルで押してくる感じ。 良い相手です。

人物アイコン

結構強いイメージある。 W杯の成績は日本と似たようなものだけど、 オーストラリアみたいにフィジカルで 攻めてくるのは日本が苦手なタイプ。

人物アイコン

十分強いですよ。 FIFAランク10位代ですし、現にコンフェデ杯でFIFAランク1位のスペインに2-0で勝ったじゃないですか。 FIFAランクが全てではないですが・・・ アメリカはいろんな人種がいるので、サッカーに本腰入れたらもっと強くなると思います。

 

参考サイト https://web.gekisaka.jp/news/jleague/detail/?324798-324798-fl

アメリカサッカーで人気チームや選手は?

一番人気選手は

クリスティアン・プリシッチ!

 

出典 wikipedia 撮影者 Erik Drost

なんとインスタフォロワー数650万人!!

クラブと代表の両方で10番を背負うアメリカ最大のスター選手で、ヨーロッパでの実績は他のアメリカ人選手より抜きんでています。
CL(欧州チャンピョンズリーグ)出場数28試合はアメリカ歴代トップ。

得点数でも歴代最多記録。
若くして(17歳で)ヨーロッパの育成環境に身を投じ、プロとして独り立ちするプリシッチ。

まさにアメリカサッカー新世代を象徴する選手であり、今後ワールドクラスへの階段を上がっていくのは間違いない選手の一人。

 

一方チームでは、

アトランタ・ユナイテッド

が人気です。

出典 wikipedia

平均観客動員数で人気チームを判断しています。

世界のランキングはこんな感じです。

◆クラブ別1試合平均観客動員数ランキング
1.ドルトムント(80,230)
2.マンチェスター・ユナイテッド(75,218)
3.バルセロナ(74,876)
4.バイエルン(73,781)
5.レアル・マドリー(69,822)
6.シャルケ(61,328)
7.アーセナル(59,793)
8.ハンブルガーSV(52,349)
9.シュツットガルト(52,012)
10.アトランタ・ユナイテッド(51,547)
11.ボルシアMG(51,369)
12.マンチェスター・シティ(50,864)
13.ニューカッスル(50,721)
14.ベンフィカ(50,077)
15.アヤックス(49,781)
16.セルティック(49,697)
17.ヘルタ・ベルリン(49,476)
18.レンジャーズ(49,054)
19.ケルン(48,346)
20.フランクフルト(47,942)
21.リバプール(47,861)
22.アトレティコ・マドリー(47,553)
23.インテル(46,654)
24.フェイエノールト(46,314)
25.パリ・サンジェルマン(45,912)
26.広州恒大(44,905)
27.マルセイユ(44,169)
28.ウェストハム(43,567)
29.シアトルサウンダース(42,797)
30.ハノーファー(41,966)
31.クラブ・アメリカ(41,527)
32.ミラン(41,495)
33.チェルシー(41,463)
34.トッテナム(41,335)
35.UANLティグレス(41,091)
36.ブレーメン(40,860)
37.モンテレイ(40,658)
38.サンダーランド(39,249)
39.スポルティング・リスボン(39,068)
40.リヨン(38,995)
41.ビルバオ(38,974)
42.ユベントス(38,778)
43.北京国安(38,761)
44.ナポリ(38,475)
45.エバートン(38,451)
46.ローマ(37,621)
47.バレンシア(37,615)
48.浦和レッズ(36,468)
49.ペルセポリス(36,025)
50.ベティス(35,664)

https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353516

 

まとめ

スポーツ観戦に興味はないですが、アメリカ好きという理由だけでアメリカでのサッカー人気を調べてみました。

昔は全然人気のないスポーツでしたが、徐々にアメリカ国内での人気が高まっており、特に若い世代では野球など同じ位人気のスポーツになっていて、
アイスホッケーより人気が高いスポーツになっています。

北米4大プロスポーツリーグといえば、NFLMLBNBANHLですが
NHLに変わってMLS(メジャーリーグサッカー)が4代スポーツ入りする日はそう遠くないかも?!

ではbye!!!!

記事の内容が面白かったらシェアして頂けると嬉しいです。