今日もアメリカ好きのアメリカ好きな人の為のアメリカを感じる記事をかいていきます。

たまに無性にコーラ飲みたくなる時ってありませんか?

僕はそうゆう時、1.5lのファミリーサイズを買ってキンキンに冷えたジョッキに氷をたくさん入れて一気にコーラを注いで背徳感を感じつつゴクゴク飲みます。

(注いだ瞬間に出る泡、うまいですよね。)

そのコーラのルーツである、アメリカのコカ・コーラはやっぱもっとうまいんじゃなかろうか?

味の濃い、油っぽい料理が多いアメリカにあるコーラなんて、絶対うまいに決まってるじゃん!

・・・そう思いきや。

今回の記事では、アメリカ産コカ・コーラの味やアメリカで売られてるサイズ、ちょっとした疑問を記事にしていきます。

 

さぁ、“Taste the Feeling”

 

アメリカ産のコーラの味は違う?!

アメリカのコーラどころか、国によって少しづつ味が違うのが真実です!

少し考えてみれば当たり前なんですよね。

”全ての国が同じコストで同じ原材料を揃えれるわけがない”んですよね。

そうなるとどこが一番うまいんだろ~。

 

有名な話で、メキシコのコーラが一番うまいそうです。

 

なぜかというと、甘味料に明確な違いがあって、コーラに使われる糖類にサトウキビからできる純粋な砂糖を使っているからおいしく感じるみたいです。

なるほど、確かにそうですよね、ゼロカロリーの人工甘味料使ったコーラって美味しくないですもんね。

 

日本とアメリカのコカコーラでは甘味料は同じ果糖ブドウ糖液糖ですが、やはり多少味が違うようで、

アメリカの方が炭酸が弱くて甘く、日本の方が炭酸が強くてキリっとした後味

と言われています。

帰国子女

ま、これは私の考察だけど、アメリカだと砂糖税(ソーダ税)などの肥満に対しての対処の動きがあるから、もしかすると砂糖の量は減らしてたりするのかも?!

それにコーラに含まれているカフェインはアメリカのエナジードリンクからすると、日本よりたっぷりカフェインが入ってそうだよね。

そうすると必然的に味は変わってくるよね~。

 

 

 

人それぞれ感じ方は違うと思うので、ぜひ試してみたいですね^^

 

アメリカ産コーラのサイズ。最小~最大まで。

さて、色々とデカいアメリカですが、やっぱ市販されてるコーラもデカいのか?!ワクワク!

と思ったら、そうでもなかったので拍子抜けというか、、、残念です(´・ω・`)

下記が市販されているアメリカのコカコーラのサイズです。

  • 約  221ml
  • 約 236ml
  • 約 251l
  • 約 354ml
  • 500ml
  • 1.25L
  • 2L

※約〇〇〇mlの約はozを日本単位のmlに直したので約〇〇〇mlにしてあります。

 

日本も最大サイズ2Lがあるので、日本と変わらないんですよねー

また日本にはサイズが11種類あるので、アメリカのサイズの種類の少なさにはビックリ。

 

アメリカのコーラの値段

アメリカのコカコーラの値段も気になる所ですよね!やっぱ安いんかな!ワクワク!

そんなことなかった、残念です(´・ω・`)

 

日本アマゾンにて調査!

日本のは300ml×24本入りで2018円

300ml1本あたりの値段は84円!

 

日本→1本(300ml)=84円

 

米国アマゾンにて調査!

アメリカのは12oz(340ml)×12本入りで$4.68なので514円。(1ドル=110円で計算)

300mlあたりの値段に直すと1本198円!

 

アメリカ→1本(300ml)=198円

 

待って、普通にバカ高いw

 

日本で言う〇〇省みたいな所に肥満を減らすために価格を高く設定させられているのかなんなのか分からないですが、自分で買う気にはあまりなれない金額。

アメリカのファーストフード店なら飲み放題だからそこで飲みますね。

 

ところでペプシコーラとコカコーラではどちらがよく売れる?

正確な情報(コーラのみの売り上げ)は見当たらない為、ハッキリとは言えないんですが、

他サイトでは世界シェアは、コカコーラの方が上回っていると紹介がされています。

ってことで!

あまり参考にはならないかと思いますが、株価で比較してみました。

ペプシコは112USDに対してコカコーラは46USDです(2018/8/8)

 

ペプシコ↓

 

コカコーラ↓

 

2倍以上の結構な差ですね。

 

別々のグラフで見てるので分かりづらいですが、1990年代後半だけはコカコーラが勝ってるんですが、それ以外の年代は基本負けてるんですよね。

Y軸みてください。ペプシコは3桁突入してるんですよね~。

本当にコカコーラが世界シェアで勝ってるのか?だいぶ怪しい。

 

ちなみに世界第一の食品会社はネスレ。(2017年)

ちなみに僕はペプシ派(2018年現在)

 

 

 

まとめ

アメリカのコカコーラは日本とは味は違う、値段は高い。サイズは普通(笑)ということが分かりました。

味は甘さが強く炭酸が弱いという・・・。

アメリカのコーラは日本の炭酸が抜けたコーラに近いようですね。(それはちょっと言い過ぎか)

ってことは日本のコカコーラの方がピザとかハンバーガーに合うんじゃないかな。

 

最後にいいたい事、

コカコーラのCMはAIのハピネスよりBENNIE KのDREAMLAND派

 

つながる瞬間にコカ・コーラ~♪

 

 

ではBye!!!

 

 

 

 

記事の内容が面白かったら共有ボタンを連打!