今日も「アメリカ好きの、アメリカ好きによる、アメリカ好きの為の記事」を書いていきます。

 

ここ日本ではピックアップトラックはあまり走ってるのを見かけないですが、アメリカでは4台に1台はすれ違うんじゃないか?ってくらい走ってます。

それもそのはず、ピックアップトラックには関税が普通乗車の10倍かかります。

 

新車価格、高級車並みですもんね^^;

でもやっぱ・・・乗りたいですよね?

僕も乗りたいです。

 

今日はいつかくるその日の為(乗る日)f150の基礎知識、f150のカスタム、おすすめホイール、細かなスペックなどは無視して紹介していきます。

これからどんな風にカスタムしていきたいか?とか、買うことを迷ってる人がいたら参考になると思います。

 

photo by Osajus

 

・・・クソかっこいい。

 

 

 

現在(2018年)F150モデルラインナップ一覧

  1. FORD F-150 XL
  2. FORD F-150 XLT
  3. FORD F-150 LARIAT
  4. FORD F-150 RAPTOR
  5. FORD F-150 KING RANCH®
  6. FORD F-150 PLATINUM
  7. FORD F-150 LIMITED

と結構あります。

もちろん下に行くほど金額は高くなります!

 

ボディータイプ

ボディータイプには3種類あって、

  • レギュラーキャブ(3人乗りベンチシート)
  • スーパーキャブ(3人乗りフロントベンチシート、後部3人乗りシート)
  • スーパークルーキャブ(フロント2人、後部3人のセダンと同様のタイプ)

があります。

スーパーキャブの後部3人乗りシートと言っても、オマケ程度についてるような物で、シート角度が変えれない直角シートです(笑)

長時間ドライブは後部座席の人は少し苦です。

 

でも個人的にはスーパーキャブが見た目が一番いい。バランスがいいんですよね。

後部座席の人なんか知ったこっちゃない!って人にはオススメ。

 

スーパーキャブ↓

photo by DiamondBack Truck Covers

スーパークルーキャブ↓

 

photo by DiamondBack Truck Covers

 

スーパーキャブの方がオフロードトラックっぽくてかっこいい気がする。

スーパークルーキャブは少しボッテリしすぎかな?これはこれでかっこいいんですけどね!

 

 

それぞれの外観の違いは、

レギュラーキャブは2ドア

スーパーキャブは2ドア+観音ドア

スーパークルーキャブは4ドア

となってます。

観音ドアは日本では珍しいから新鮮ですよ^^

 

ご開帳!

 

ただ、スーパーキャブなんで、やっぱり後部座席の人には不評でした。

 

 

〇どのモデルでも全てのボディータイプがある訳ではないです。ボディータイプごとに違います。

下記に説明していきます。

 

レギュラーキャブがあるモデル

  1. F-150 XL
  2. F-150 XLT

上記2つのみ。

 

スーパーキャブがあるモデル

  1. F-150 XL
  2. F-150 XLT
  3. F-150 LARIAT
  4. F-150 RAPTOR

 

スーパークルーがあるモデル

全モデルで可能

 

ただし!荷台の長さによって、ないモデルもあります!ややこしいですね^^;

 

荷台の長さは3種類!

  1. 5 1/2インチ=167.64cm
  2. 6 1/2インチ=165.1cm
  3. 8インチ=203.2cm

1.はレギュラーキャブだとラインナップなし。スーパーキャブだとラプターのみ。スーパークルーキャブだと全モデルok

2.はレギュラーキャブだとXLとXLTのみ。スーパーキャブだとラリアットも加わる。スーパークルーキャブだとキングランチとプラチナムが加わる。

3.はレギュラーキャブだとXLとXLTのみ。スーパーキャブだとラリアットも加わる。スーパークルーキャブにはモデルラインナップなし。

 

こんな感じです。

これにエンジンの型、やら駆動方式、トランスミッションでまた選べるモデルが変わるので、、、

さらにややこしいです。

自分が何を一番に優先するかを決めて、そこから消去法で決めていきましょう。

 

 

どんなカスタムしようか?

カスタムで一番手っ取り早く、大きく、印象が変わるのが、そう、ホイールですね!

でも高い買い物だから失敗したくないですよね・・・

しっかり自分の最終目的の形を思い浮かべながら、ホイール選びをしてきましょう^^

 

最終目的のイメージ一覧

 

オフロード系

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

FORD_RAPTORSさん(@ford_raptors)がシェアした投稿

 

LED系

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

600hp ’16 F150 5.0さん(@twin_screw_5.0)がシェアした投稿

 

 

シック系

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mathieu Cardinalさん(@mattcardinal93)がシェアした投稿

 

リフトアップ系

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

F150 Militiaさん(@f150.militia)がシェアした投稿

 

パッション、キャンディ系

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💜 Jo 🖤さん(@countrybarbies_f150)がシェアした投稿

 

ローダウン系

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

STAY LOWさん(@stay_l0w_)がシェアした投稿

 

 

モンスタートラック系

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Felecia Riceさん(@felecia_rice)がシェアした投稿

 

ラグジュアリー系

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@candlperformanceがシェアした投稿

 

写真はないですが、ドラッグレースの車両っぽくしたり、スポーツトラックっぽくするのもいいですね^^

 

こういった最終的になりたい写真を参考にしてホイール選びをしていきましょう。

 

ホイールのおすすめUSブランド

ホイールを決めるにあたって重要なのがブランドですよね!

安く済ませたが為にすぐメッキが剥がれたり、錆がでたり、くすんでしまったりしては安物買いの銭失いってやつです。

例えば、ヴィトンの長財布。よくダミー品売ってますよね?

ダミー品はすぐダメになるけど、本物はやっぱ長持ちします。

何より、自分の所有欲も満たされるからやっぱ満足度が違う。

 

という訳で以下にオススメUSブランドのホイールをあげていきます。

  • KMC
  • RBP
  • MOTO METAL
  • BLACK RHINO
  • Micky  Tompson
  • FUEL OFFROAD
  • MKW
  • American Force
  • ULTRA WHEEL
  • Giovanna

 

※一応フィッティングしそうなブランドを集めましたが、シリーズによっても異なるので、購入する際は販売店にしっかり確認するようにしてください。

計算上は問題なさそうでもいざ装着すると車検に通らない!などもあるようなのでやはり購入の際は販売店に相談した方がよさそうです。

 

ちなみに僕の好きなのはULTRA WHEELMicky  Tompsonですかね!

レンコンみたいなホイールが好きなんですよね、いかにもデューリーって感じでd(´∀`*)

ULTRA WHEEL→http://www.meiwa-net.com/ultra_line-up/ultrawheels.htm

Micky  Tompson→http://www.mickeythompsontires.co.jp/wheel/

 

まとめ

ノーマルのF150でも十分かっこいいんだけど、やっぱ少しでもカスタムした方が更にかっこいいですよね!

こうやって記事にしてみて改めてかっこいいなぁって思いました。

アメリカっていいですね。

 

ではBye!!!!

 

 

記事の内容が面白かったら共有ボタンを連打!