ベイクドビーンズ ベイクドビーンズを1から作る。

今日もアメリカ好きのアメリカ好きな人の為のアメリカを感じる記事をかいていきます。

 

以前記事でゴールデンウィークの過ごし方としてアメリカを感じる為に、アメリカ料理つくってみたら?って紹介しました。

こちらの記事

 

その中でベイクドビーンズを作って動画にしましたが、

こちらの記事

ベイクドビーンズが缶詰で売っていたので、そこにその他の材料を加えて作りました。

 

ですが、ベイクドビーンズの缶詰は安くはないので、自分で作れたら安く済むなと思い作ってみました。

動画にしてみたのでよかったら見てください。読者様の手助けになれば幸いです。

※簡単に、早く作れることが条件として管理人Dすけはアメリカ料理つくってます。本格的に作りたい方には参考になりません。。。

 

 

用意するもの

(2人分)

・トマト缶詰 1/2缶(ケチャップ代用可)

・ウィンナーorベーコン お好みで。

・タマネギ 1/2個

・メープルシロップ 大さじ2~5くらい

・大豆の水煮 1袋(本当は白いんげん豆を使いますが、手軽に手に入る大豆の水煮でおk)

・水 計量カップ半分

・アメリカを感じたい気持ち

 

調理手順

1、フライパンでタマネギがしんなりするまで炒めます。

2、ウィンナーを投入。

3、ウィンナーも焼けてきたらトマトの缶詰を半分くらい入れる。(ホールトマトの場合、フライパンの上でいいからヘラでつぶしてください。)

4、大豆の水煮を水さら全部投入。

5、計量カップの1/2の量の水を加える。

6、メープルシロップ大さじ2以上いれる。

7、水分がなくなってドロっとするくらいまで煮込む。

完成。

 

缶詰で売っているようなグデっとした豆になるまで煮込むと1時間とか数十分はかかるので、それだと気軽にアメリカ料理作れないので、諦めてます。

手軽につくれてアメリカ感じれるほうがいいですよねd(´∀`*)

 

白ごはんにもある程度合います。

 

本場アメリカでは肉料理に添えて出されることが多いそうです。

自分は食パンにのせて食べてみましたが、白ごはんの合わせより100倍うまいです。

(食パンにのせるならタマネギは粗みじん切りくらいにするとパンからタマネギがはみ出なくて済みます。)

ぜひベイクドビーンズを作ってアメリカ(ボストン)を感じてみてください。

 

 

ではBye!!!!

 

 

 

記事の内容が面白かったら共有ボタンを連打!